浅草もんじゃ焼がリニューアルしたよ!

小粋ちゃん壁紙配信中!





TOP > 浅草ガイド > 浅草の行事 > 11月

11月 小粋
日時の情報は2008年度版です。

 5・17・29日 酉の市
 3日 白鷺の舞
 3日 東京時代まつり
 21〜23日 一葉祭
 29・30日 靴のめぐみ祭り市

酉の市
酉の市
この写真は、台東区観光課の承諾を得て公開して
おります、無断転載・使用はお断り致します。
縁起物「熊手」
11月の「酉の日」に行うので、「お酉さま」とも言います。酉の市は、11月の酉の日に行われ、最初の酉の日を一の酉、以下二の酉・三の酉と呼びます。三の酉まである年は火事が多いと言われています。金銀を掻き集めるというところから熊手が縁起物として売られます。当日は人で溢れ、境内は華やかな熊手と人並みで賑わいます。
日時:酉の日(5・17・29日)
場所:鷲神社

白鷺の舞
白鷺の舞
この写真は、台東区観光課の承諾を得て公開しております、無断転載・使用はお断り致します。
古くからの言い伝え:菊供養/金龍の舞
平安時代の風雅を今に伝えるもので、白鷺の形の衣装を着た舞手が踊ります。春と秋の年2回、衣装を着た踊り子が舞ながら境内を一巡します。白鷺をかたどった装束を身につけた踊り子8人が、武人・楽人など約40名が居並ぶ境内や浅草商店街周辺を優雅な笛や太鼓の調べに合わせて、羽を大きく広げ、舞い踊りながら一巡します。
日時:3日
場所:浅草寺
菊供養/金龍の舞
浅草サンバカーニバル写真
この写真は、台東区観光課の承諾を得て公開しております、無断転載・使用はお断り致します。
浅草を知る新しい祭り
平成元年より始まった浅草の新しいお祭りです。東京の起源から現代までの歴史絵巻行列です。東京のあけぼの浅草寺創始から平安鎌倉期、徳川家康江戸入府、幕末・文明開化そして現代までの一大歴史絵巻を総勢千六百名の大行列で表現致します。
日時:3日
場所:浅草寺
一葉祭
女流作家樋口一葉をしのぶ「一葉祭」
明治の女流作家樋口一葉をしのんで命日にあたるこの日、一葉記念館を無料公開して、一葉および明治文学に関する公園や一葉の作品朗読が行われます。

一葉記念館のそばには、焼亭 なか川さんがございます。
お越しの際は是非お立ち寄り下さい。

日時:21〜23日
場所:一葉記念館
靴のめぐみ祭り市
靴のめぐみ祭り市
この写真は、台東区観光課の承諾を得て公開しております、無断転載・使用はお断り致します。
こんこん靴市
毎年11月の勤労感謝の日を中心に、王姫稲荷神社境内を利用して、氏子の靴メーカーが、「靴まつり」として靴のめぐみを感謝して行っています。別名「こんこん靴市」とも言われ地域の人に親しまれにぎわいます。この周辺にはもともと靴製造業者や靴問屋が多くあり、この靴市は、年末の資金集めの即売会として始まりました。市価の2割から8割で最新デザインの靴や皮革製品が即売されています。
日時:29・30日
場所:玉姫稲荷神社
PAGE TOP PAGE TOP

ページ直リンク大歓迎!
もんじゃの小粋ちゃん もんじゃ焼を世の中に広めたい、もんじゃ焼が好き!と言う方、バンバンリンクしてください!
※画像・Flashコンテンツなどへの直リンクはご遠慮ください。

※リンクの際、こちらのバナーをお使いください。
もんじゃ大バナー もんじゃ小バナー