浅草の行事(7月)

7月文月の予定 小粋
日時の情報は2011年度版です。

 6〜8日 入谷朝顔まつり
 上旬 下町七夕まつり
 9・10日 四万六千日・ほおずき市
 下旬 隅田川花火大会

 

 

入谷朝顔まつり
入谷朝顔まつりの写真この写真は、台東区観光課の承諾を得て公開しております、
無断転載・使用はお断り致します。
伝統的人気のある朝顔まつり
朝顔まつりは、入谷鬼子母神境内を中心に毎年7月の6〜8日の3日間に開かれ、境内と寺院前の言問通りに100あまりの店が並び、約2万鉢の朝顔が売られます。土日に重なると人出も増え、行き来が出来ないほど賑わいます。 また近年は夜の縁日もなかなかの盛況です。
日時:6〜8日(朝5時〜夜10時)
場所:入谷鬼子母神(真源寺)、入谷中央商店街

下町七夕まつり
下町七夕まつりの写真
この写真は、台東区観光課の承諾を得て公開しております、
無断転載・使用はお断り致します。
彩り鮮やかな竹飾り
台東区の夏を代表する新しいイベントとして昭和63年から行われています。上野駅入谷口に近い昭和通りから浅草の国際通りまでの約1.2kmの通り沿いには、彩り鮮やかな竹飾りやくす玉が提燈に照らされ、美しく輝きます。
日時:7月上旬
場所:昭和通りから浅草の国際通りまで
四万六千日・ほおずき市
四万六千日・ほおずき市の写真
この写真は、台東区観光課の承諾を得て公開しております、
無断転載・使用はお断り致します。
ご利益のある風習
観 音の縁日として功徳日をもうけ、ご利益に預からせる風習がありますが、7月9・10日のどちらかの日に参拝をすれば、一日だけで四万六千日(127年間) 日参したと同じ効果があると言われ、江戸時代から特にこの日のお詣りが盛んになってきました。この日の縁日に合わせて行われるのが、ほおずき市です。境内 に約200軒もの店が並び、ガラスの風鈴つき「丹波ほおずき」や「千成ほおずき」が売られます。
日時:9日・10日(朝6時〜深夜0時)
場所:浅草寺
隅田川花火大会
隅田川花火大会の写真
この写真は、台東区観光課の承諾を得て公開しております、
無断転載・使用はお断り致します。
江戸一の大花火大会
260年の歴史を誇る江戸一の花火大会です。江戸時代から始まるこの隅田川花火大会は、当日20,000発もの花火が夜空に打ち上げられます。観客数も毎年100万人以上にのぼります。
日時:25日
場所:隅田川

隅田川花火大会公式サイト

PAGE TOP PAGE TOP PAGE TOP PAGE TOP PAGE TOP PAGE TOP