小粋ちゃんBlog

お子様メニューを考える

2008年9月12日

お子様セットを出す、もんじゃ屋さんへ行ってきた。

1hoiru.JPG

意外と、もんじゃ屋さんは、お子様専用メニューを

用意していないお店が多い。ウチもそうだ。

 

ウチの店はファミリー客が多いわりに、お子様セット

がない。

だから、そばめしを玉子で包んだオムそばめしとか、

ミニサイズのお好み焼とか、アレコレ考えていたけれど、

どれもイマイチ。

ある日、お母さんから、お子様セットを出すお店がある

らしいと聞いたので、行って見ようと思った。

 

さすがに、わたしがお子様セットを頼むわけには

いかないので、近所に住んでいる8歳と6歳になる

女の子(姉妹)を連れて行った。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 

さっそくお子様セットを2人前、注文し、わたしは

そのお店の看板メニューのもんじゃを注文。

 

四角いトレーが運ばれてきた。

その上に、小さなどんぶりに入ったお好み焼のタネ。

デザートとしてカップゼリー。

さらに、銀色のアルミホイルが、丸く包まれて、

ちょこんとのっている。

これが、このお店のお子様セット。

 

店員さんが、アルミホイルを指しながら、

 

   これ、バター焼です。

   アルミホイルごと、鉄板にのせて焼いてください。

 

 

コ、コレだよ!

これが鉄板焼屋の心意気ってもんだよ。

わたしは、胸がじ~んと熱くなるのを感じた。

 

あくまでも、目の前の鉄板で料理するメニューを子ども

にも出しているところがイイねぇ。

2hoiru.JPG

   ハンバーグ

   ソーセージ

   ポテト

   コーン

   キャベツ

 

これらがアルミホイルに包まれている。

 

子どもの好きなモノを組み合わせ、栄養のバランス

も考えている。

 

アルミホイルに包まれて中身が見えないけれど、

焼き上がった時、中にはナニが入っているんだろうと

思いながら、包みを開くのは、きっと楽しいだろう。

 

 

   子どもの気持ちをつかんでいるなぁ~。

 

わたしは、このお店のポリシーに感心しながら、

小さめのお好み焼を2枚、焼いてあげた。

コメント(2)

ホイル焼き、すごくいいアイデアですね〜。
小さめのお好み焼きも、子供が自分で引っくり返せそうな感じなんでしょうか??
自分で作ると美味しさ百倍ですからね(^^)
ウチでもお椀に入れてあげて各々で作れるようにしようかしら♪

日々草さん、こんにちは!
自分で作ったものを食べることは、確かに
格別の味わい、喜びがありますよね。
それに残さずに食べてくれるかも・・・
お椀サイズのお好み焼・・・とてもイイ考え
だと思いますよ。