小粋ちゃんBlog

進め!!商店街(後編)

2008年9月20日

   商店街ってのはね。その町、その地域に住む

   人々の憩いと支えの場なんだよ。

syouten002.JPG

 

商店街の中にある古くて小さなカフェ(?)で、

お母さんとわたしは、これからの商店街のあり方を

話し合った・・・って何でこうなるの?

 

syouten003.JPG

わたしは、ドリンクの他、ちゃっかり「巨峰」の

ソフトクリームも手にして、

 

   でもさ、お母さん。

   憩いと支えと言っても、今は違うんだよ。

   その場所が・・・

 

   ナニ言ってんのさ。

   由緒ある神社やお寺の参道が商店街に発展

   したり、地元の商業を振興させようと言う

   気持ちから商店街が開けたり・・・

   それぞれ歴史と文化が詰まっているんだよ。

   それに、昔から変わらない景色が残ってて、

   風情もある掛け替えのない場所なんだよ。

 

 

わたしは、お母さんの言葉を聞いて、ふと思い浮かんだ。

 

   そうだ!そうだよ!

   商店街に歴史と文化をたくさん盛り込むんだよ!

 

わたしのアイデア

 その1

   ●地元の小学生、中学生の作品展示会場にする。

syouten004.JPG

   例えば、アーケードにこんな感じで、クラス単位の

   作品を吊るしたり・・・

   頻繁に展示会を企画すれば、お買い物をしながら、

   子供たちの作品を楽しむことができるし、子供に

   とっても商店街が身近になるんじゃない?

 

 その2

   ●空店舗があれば、そこをギャラリーにする

syouten005.JPG

   近辺の風景を撮影した写真展。絵画展に書展・・・

   これも頻繁に地元の小学生の他、その地域に住む

   人たちが出展して、文化色を高めていき、芸術に

   興味のある人も呼び込んでいく。

 

 その3

   ●レトロ博物館としてPRする

syouten006.JPG

   例えば、この看板。

   「算盤(そろばん)」と書かれてるけど、今、どれ

   だけの人が算盤を使っているんだろう?

   また、このお店は、どれくらいの算盤を取り揃えて

   いるのかな?

   と、まあ、こんな感じで、ちょっと面白くレトロに

   触れるのもアリじゃない?

 

 

   へぇ、小粋にしては、まあまあのアイデアだね。

 

まだあるよ!

 

 その4・・・

   アレ?何だか・・・おなか、痛くなってきちゃった・・・

 

   もうっ!冷たいもの摂り過ぎたんだよ。

   子供じゃあるまいし!