小粋ちゃんBlog

こいきアイスの誕生

2008年10月 7日

何とか「十目ミックスもんじゃ」がウチの店のメニューに

加わった。

ice0910.JPG

そんな時、ウチへアイスクリームを卸してくれる会社の

社長さんが訪ねてきた。

 

   ちょっと味をみてよ!新商品だからさ!

 

と、淡いピンクのアイスクリームを持ってきた。

 

 

社長さんと言っても、気さくで、パッと見た目は、

フツーのおじさん。(ごめんなさい)

 

   どれどれ?

 

と、ウチのお父さんとお母さんが味見をする。

 

   こりゃ何とも、不思議な味だねぇ。

 

   ウン!いいじゃないの。

   わたしは好きだよ。この味。

 

と、お母さんが絶賛。

 

 

   小粋ちゃんも、食べてみてよ。

   若いコの意見も大事だから。

 

それじゃ遠慮なく・・・

 

   おっ!?

 

確かに、お父さんの言うように不思議な味。

 

   で、どうだい?おいしいかい?

 

社長さんが身を乗り出して聞いてきた。

 

   うん。甘さがあっさり目で、いい香りがするから、

   もんじゃやお好み焼の後には合うんじゃない。

 

 

   そうかい!そりゃヨカッタ!

 

と、社長さんは、ウチのお父さんの肩をポンと叩いて、

 

   じゃあ、決まりだね!これ取り扱ってよ。

   イヤなに、すぐにメニューに加えろとは

   言わないよ。

   ここで食事したお客さんのサービスデザートと

   して始めてくれればいいんだ。

   それで評判がよかったら、正式にメニューに

   のっけてよ。

 

 

   へぇ~、それでいいのかい?

 

 

   ああ、但し、サービス期間は3ヵ月だけだよ。

 

 

   そりゃ、ありがたい話だね。

   でもさ、社長。このアイスクリームは何を使ってるの?

 

と、お母さんが社長さんに尋ねた。

 

   桃の果汁と、こだわりのミルク。

   それに桜の香りをつけたのさ。

 

社長さんは得意そうに答えた。

 

   桃とミルクと桜か・・・

   で?このアイス、なんて名前なんだい?

 

今度はお父さんが尋ねる。

 

   こいきアイスさ。

 

と、事もなげに答える社長さんに、お父さんもお母さんも、

そして、わたしも同時に、

 

   ええーっ!こ・い・き!?

 

 

   な~にね。小粋ちゃんが、新しいメニューを

   考えたって聞いたんでね。

   こんなカタチで、ちょっとお祝いをしたくなったのさ。

   小粋ちゃんは、オレの娘みたいなもんだからよっ!

 

そう。社長さんには、小さい頃から、とても可愛がってもらっている。

 

   どうだい?色合いも、味も

   小粋ちゃんのイメージ通りだろ?

   これでも、チョイとばかり苦労して作ったんだよ。

 

 

   ありがとう!社長さん☆

 

 

わたしは嬉しかった。

だから、不覚にも・・・

わたしの頬に熱いモノが、一筋流れた。