小粋ちゃんBlog

かつお削りのおもてなし

2008年10月27日

焼き立てのお好み焼の上に、かつお削りを

パッとふりかけますよね。

katuo_kezuri.JPG

すると・・・

 

    さわさわさわさわ

      さわさわさわさわ

    さわさわさわさわ

      さわさわさわさわ

 

かつお削りが踊り出しますね。

 

 

人によっては、“さわさわさわ”じゃなく、

 

    ゆらゆらゆら

 

と、表現する人もいますし、

 

    ふにふにふに

 

と言う人もいるようで・・・

 

まぁ、とにかく、かつお削りが踊っているのを

眺めるのは結構、楽しくないですか?

何て言うんだろう・・・

 

    さぁ、お好み焼食べよっ!

 

と意気込む気持を、かつお削りが踊って、

なごませてくれているような・・・

そんなかつお削りの “おもてなし”を受けて、

ほのぼのとした気分になる。

 

 

    ほ~ら、お好み焼、出来たよ。

    さぁ、おいしく召し上がってね。

 

と、かつお削りが、

 

    さわさわさわさわ

    さわさわさわさわ

 

やんわりと語りかけてくれる。

 

 

この前、ウチの店に来てくれた家族客で、

3歳ぐらいのカワイイ男の子が、お好み焼の上の

かつお削りの真似をして、全身をくねくねさせながら、

両手を挙げて踊り出し、周りを笑わせていた。

 

思わず、わたしも吹き出しちゃいました☆

 

でも・・・

きっと、その男の子には、かつお削りの“おもてなし”

の言葉が通じたんだと思います。