小粋ちゃんBlog

下町の味"ぼっかけ"

2008年12月 2日

牛スジと、こんにゃくを甘辛くじっくり煮込んだ

神戸・下町の味“ぼっかけ”

一般的には「すじコン」と呼ばれていますね。

bokkake_1.JPG

でも、神戸の長田地区では“ぼっかけ”と言います。

「ぶっかけ」が転じた言葉通り、ぼっかけカレー、

ぼっかけラーメン、ぼっかけ丼・・・

とにかく、ぶっかけて食べられているそうです。

 

もちろん、お好み焼、焼そばメニューとしても

登場しますよ。

 

 

と言うわけで、わたしも神戸で「ぼっかけお好み焼」を

いただきました。

bokkake_2.JPG

 

このお店では、

 

   一、はじめは何もつけずに食べる

 

   二、次に、ソースかしょうゆタレを塗って食べる

 

   三、さらに、かつお削りを振って食べる

 

と言う、三段階方式で食べることを推奨していたので、

これに習っていただきました。

お味は思ったより、あっさりしていて、わたしとしては、

何もつけずに、1枚食べ切りたいくらいの衝動に

駆られました。

 

牛スジの旨味、ほんわかとした玉子の風味、そして

全体をやさしく包み込むような生地のふわっ!

とした食感。

 

 

やっぱり、1枚まるごと、何もつけずに食べたい!!

・・・で、思わず、おかわり頼んじゃいました♪