小粋ちゃんBlog

粉もんの横綱!広島焼き

2009年2月10日

ボリューム感では右に出るものナシ!

hiroyaki01.JPG

広島焼きは、何と言っても・・・

    ●山盛りのキャベツ

    ●歯ごたえのある生タイプの「そば」

 

ご覧の通り、見るからに量感がありますね。

 

そして大阪風のお好み焼と違って、「重ね焼き」で

焼き上げていくところが特徴です。

 

 

ウチのお店でも広島焼きは扱っていますが、

たいていお客さんに、

 

    焼いてもらえますか?

 

と頼まれる。

 

 

クレープ状に薄く広げた生地の上に、キャベツ、

もやし、ねぎ、いか天、そして、とろろ昆布に

紅生姜を盛り付け、周りを包むように豚肉を

乗せます。

その隣で、生そばを焼きながら、頃合いを見て、

キャベツなどの乗った生地をひっくり返し、

さらにコレをそばの上に乗せます。

そうしたら、玉子を2個、鉄板の上でササッと

溶きながら、丸く焼いたところへ、そばと重なった

生地を乗せて、一気にひっくり返します。

hiroyaki02.JPG

仕上がりは、焼き玉子が上になるようにね!

 

重ねて、返して、重ねて・・・これを繰り返して

出来上がり☆

 

     うわぁ~!!

 

と、お客さんの歓声をいただくと、とても気分が

イイです。ハイ!

コメント(2)

いいですね!広島焼き!!
いつもカウンター目の前で焼いてもらってるのですが、自分でできるものなんですか??
崩壊しそうでコワイ(^^;

梅さん、こんにちは♪
コメント、ありがとうございます。
広島焼きは手順さえ覚えてしまえば
大丈夫!
ちゃんと出来ますよ。
ひっくり返す時は、雑念を消し去り、
エイッ!と一気に返すことが、
ポイントかな。