小粋ちゃんBlog

宿場町へタイムスリップ!

2009年2月17日

江戸の日本橋から、京の三条大橋を結ぶ

街道と言えば?

OT_1.JPG

そう、ご存知の通り、東海道と中山道ですね。

 

もちろん、むかし、むか~しのお話しですけれど・・・

 

 

今回、わたしは、中山道の宿場町のひとつ、

美濃の太田宿を見学してきました。

 

OT_2.JPG

ちょっと小さいけれど、昔の宿場をイメージして

建てられた資料館もあって、当時の旅籠(はたご)は、

こんな感じだったんだなぁ~・・・

なんて、タイムスリップして江戸時代の旅人に

なった気持ちを味わいました。

 

OT_3.JPG

それにしても、昔の建物は、気取りのない「粋」を

感じさせますね。それに温もりがあって、とても

落ち着いた気分になります。

 

 

ところで、東海道は五十三次、中山道は六十九次と、

16も宿場が多いのは、山間の街道だったせい

なのかな?

でも、中山道の方が、意外と天候による「足止め」が

少なく、聞けば、東海道よりも中山道の方が、

位の高い女性が利用した街道だったようで、

別名「姫街道」とも呼ばれたそうです。

なるほど、和宮様が宿泊した本陣跡もありましたよ。

 

まぁ、わたしも「お姫様」気分で、ゆっくりとアチラコチラを

見ていたら、こんな絵も展示されてました。

OT_4.JPG

描かれた人物が中山道と、どんな繋がりがあるのかは、

よく分かりませんでしたが・・・