小粋ちゃんBlog

料理人の神社にて

2009年2月18日

なになに?

「日本一料理の神社」・・・?

Rzinja01.JPG

電車を3回乗り換え、辿り着いたのは、

山に囲まれた静かな神社。

Rzinja02.JPG

全貌はこんな感じで、とても小さな神社です。

 

 

お父さんによれば、

 

    この神社を参詣すれば、料理人として

    腕を上げることができるだけでなく、

    一生、食うに困らない。

 

のだそうで、わたしは「一生、食うに困らない」

ことに願いを込めて、お参りしました。

 

お父さんは、すでに何度か詣でているようで、

今回は、わたしが

 

    「粉もん料理人」として成長するように!

 

との祈願のために、わたしを連れてきてくれた

わけです。

 

Rzinja03.JPG

    あれ?ねぇ、お父さん。

    この包丁塚ってなぁに?

 

わたしが尋ねると、お父さんは、

 

    おう、これはな、使い古した包丁に

    感謝を込めて埋めたり、自分が使う

    包丁に気持ちを込めるために、

    料理人がお祈りする場所さ。

 

と教えてくれた。

 

わたしも、キャベツを一層、早く刻むことができる

ように、深々と頭を下げてお祈りしました。

 

 

その帰り道。

 

    お腹空いた・・・。

 

と、お父さんに言うと、駅の近くのラーメン屋さんで、

お父さんがラーメンを食べさせてくれた。

Rzinja04.JPG

さっそく「食うに困らない」ご利益を授かりました☆