小粋ちゃんBlog

切いかの底力!!

2009年4月13日

スルメを細く、細~くカットした「切いか」

IKA_1.JPG

どちらかと言えば、西日本ではあまり使われて

いないみたいです。

多分、切いかを入れてお好み焼を作る人は

少ないのかも知れません。

 

でも、もんじゃには、ゼッタイに切いかを入れる

ことをオススメします。

 

切いかをもんじゃに加えるのと、加えないのでは

仕上がりの味わいに大きな差が出ます!!

 

色もパッとせず、ほっそりと地味ですけれど、

切いかには、深い旨味が含まれていて、

もんじゃのように、多めに水を加えて加熱していく

調理法であれば、味わいを深めるには打ってつけ

の具と言えます!

 

 

では、切いかを入れたもんじゃを作ってみましょう☆

先にキャベツなどの具を炒めていく段階で、

切いかもいっしょに炒めますが、

ここで、ちょっと注意!

IKA_2.JPG

切いかは、細いのでもつれてしまいます。

なるべく他の具に均等に混ざっていくように、

もつれた切いかを見つけたら、ヘラの角を使って、

ほぐしてあげましょう。

 

こうして全体に切いかが行き渡るようにさえすれば、

後はもう大丈夫!

 

 

出来上がったもんじゃをはがしで一口、

食べてみてください。

 

切いかの風味が、ほんわかとお口の中で

広がっていくのを感じていただけると思います。

やさしくて、しかもしっかりとした風味!

 

 

そう! これが切いかの底力です!!

 

 

皆さんも、おウチでもんじゃを作るときには、

ぜひ切いかをひとつまみ加えてくださいね☆