小粋ちゃんBlog

ウチのとんぺい焼

2009年4月28日

もともと、とんぺい焼ってのは、豚バラ肉を

鉄板で平らに焼いて、それをフワフワの玉子焼で

包んだ食べ物で、大阪生まれと聞いています。

tonpei_1.JPG

大阪では、お好み焼屋さんだけでなく、居酒屋さんにも

登場するそうで、まぁ、お酒のアテとして食べられる

ようです。

 

ウチの店も、とんぺい焼を扱っていますよ♪

 

ウチの場合は、細く刻んだキャベツをたっぷり

入れています。

 

キャベツを入れることになったのは、

お母さんとわたしがゴリ押ししたためで、

はじめは、ウチのお父さんが、

 

    とんぺい焼ってのはさぁ、

    ビールのつまみなんだよ。

    キャベツを入れたら、

    味が薄くなっていけないよ。

 

と、豚肉&玉子のシンプルなとんぺい焼を主張したが、

これに対して、お母さんは、

 

    お酒飲む人は、野菜が不足しがちだから、

    せめてキャベツぐらい入れて

    あげた方がイイよ。

 

と対抗した。

すると、お父さんは、

 

    そう言うのを、余計なお節介って

    言うんだよ。

    とにかく、ビールに合えばイイんだよ。

 

と、さらに主張した。

お母さんも負けじと、

 

    それが大きな間違いなんだよ。

    今はね、健康に気を使う人が

    増えてるの!

    だから、ウチのとんぺい焼にキャベツが

    入ったのを食べたお客さんは、

      「おっ!ここのはキャベツが入っている!

      そうか、野菜もいっしょに食べられて

      ヘルシーだな」

    って思ってくれるよ。

 

と、力説した。

 

tonpei_2.JPG

    わたしも、お母さんの考えに賛成!

    キャベツが入った方が、わたしは

    おいしいと思う!

 

と、ここでわたしも、お母さんの加勢に出た。

 

 

    小粋・・・。

    お前がおいしいと思おうが、思うまいが、

    どうだってイイんだよ。

 

お父さんが、呆れたように言う。

そこへお母さんが、

 

    小粋がおいしいと思うのなら、

    若いコにもウケるってことだよ!

    とんぺい焼は、これから、若いコたちにも

    喜んで食べてもらえるメニューになるよ。

 

と、一撃を与えた。

お父さんは、ちょっとツマリ気味になりながらも、

 

    その分、ビール党のおじさんたちが

    離れていったらどーすんだよ!!

 

と、反撃。

 

 

    大丈夫!今はヘルシー志向だよ!

    ビールだって、糖質オフとか、カロリー控えめ

    とか、あるみたいだし・・・。

 

と、わたしが言えば、

 

 

    メタボを気にするおじさんも

    少なくないのよ!

    とにかく、バランスを考えたメニューを

    お客さんに出すことで、ウチは、

    ヘルシー志向に対応するのっ!

 

と、お母さん。

 

 

で・・・、

 

 

お父さんは、お母さんとわたしのダブルパンチに

よって、キャベツが入ったとんぺい焼を、今夜も

お客さんに出しています☆

コメント(2)

なるほど、豚(とん)が平らで「とんぺい焼き」なんですね。
関東圏だからか、私の方ではなかなかお目にかかる機会がなく…。
最近「大阪焼き」なる看板をあげた出店を見かけたのですが、あれがとんぺい焼きなのでしょうか??
かなり気になってます。
家でも手軽に作れるのでしょうか?

斑鳩さん、コメントありがとう
ございます。
そうですねぇ、関東ですと、
とんぺい焼を出してくれる
お店は、あまり見かけませんが、
玉子と豚バラ肉があれば、
おウチでもフライパンで手軽に
作れますよ。
お肉を焼いて、ふわふわに
炒った玉子で包むだけ!
ソースも家庭にある中濃や
とんかつソースでOKです☆