小粋ちゃんBlog

たこ焼上級編

2009年7月 2日

皆さん、たこ焼、焼いてますか?

わたしも、これから焼きますョ!

0907T_01.JPG

 

    小粋!ナニひとりでしゃべってるの?

    さあ、始めるよ!

 

と、お母さんから注意されながらも、

わたしは気合を入れ、鉢巻を引き締めた。

 

 

    もんじゃやお好み焼だけ、

    上手く出来ればイイって

    もんじゃないからね。

    アンタも、これから一人前に

    なりたかったら、たこ焼も

    上手くならなきゃ!

 

お母さんに言われて、最近、ちょくちょく、

たこ焼の焼き方を教わっています。

 

 

で、今日は「上級編」です。

 

ナニが上級編なのかと言うと、

生地の緩さ加減によって、初級、中級、上級と別れ、

粉に対するだし汁の量が多くなるほど、

上級・・・ つまり最も生地が緩くなるわけです。

 

 

で、

今日は加水率380%

 

つまり、粉1Kgに対して、だし汁は3800ml

そこに玉子を3つ加えます。

これが上級編! かなり緩い生地です。

 

とは言え、お母さんが勝手に、そう呼んでいるだけ

ですけど・・・。

 

ちなみに、初級は加水率300%、中級は330%です。

 

 

わたしは、がんばって中級までクリアしました!

さあ!上級にトライ!!

 

 

まあ、最初の鉄板に生地を流し、

具を入れる段階までは同じです。

0907T_02.JPG

難関はこの先。

 

生地が緩ければ緩いほど、返しづらいです。

しかも、表面がこわれやすい。

 

    いいかい、小粋!

    焦らず、じっくり待つんだよ。

    慌てて返そうとしたって、

    簡単に返ってくれないよ!

 

横から、お母さんのキビキビとした声が飛んでくる。

 

    鉄板の隅の方の生地がパリッとしてきても、

    返そうとするんじゃないよ!

    もう少し待ってな。

 

千枚通しを手にしたわたしを抑え、お母さんが

厳しい口調で言った。

 

 

    そろそろだな・・・ 

 

と、わたしは千枚通しで、たこ焼を返そうとする。

 

 

    !? !? !?

 

 

さすが上級編の生地・・・

これまでとは勝手が違い、すんなり返すことができない!!

 

 

    ほら、小粋!

    慌ててやるんじゃないよ!

    表面が破れるじゃないか!

 

お母さんの声が飛んできた。

 

悪戦苦闘の末、わたしがトライした上級編たこ焼です。

0907T_03.JPG

表面が破れているのも何個かあります。

 

 

    まあ、最初はこんなもんさ。

    これからも定期的に練習するからね。

 

 

    ほ~い・・・

 

 

    なんだい、その返事は!

    シャキっとしな!!

 

 

    はいっッ!(゜゜)ヾ

 

しばらく、お母さんから特訓を受けることになりそうです。

 

にほんブログ村 料理ブログへ
たこ焼焼きたくなってきた!と思ったらぜひ!

 

人気ブログランキングへ
面白い!と思っていただけたらクリックお願いします!

コメント(2)

加水率が高くなった方が、仕上がりとかが美味しいのですか??
でもなかなかむつかしそうですね〜(^^;
小粋ちゃんがんばってください!

いかやきさん、コメントありがとう
ございます。
そして、ご声援ありがとうございます☆
加水率が高いとトロ~リ感も高いです。
その代わり、ホントに焼きにくいです。