小粋ちゃんBlog

超カンタン!ねぎとろ焼

2009年7月28日

ハイ、出来上がり♪

0907NEGI_1.JPG

ご覧いただいているお好み焼は、現在、

ネーミングを検討中です。

 

とりあえず、“ねぎとろ焼”と呼ぶことにしましょう。

 

ねぎとろの“とろ”は、マグロではなく、

“とろろ”のことです。

 

 

青ねぎの風味を満喫していただくために、

あえてお肉や魚介の具を使わず、

キャベツ、きざみ生姜、あげ玉が

入っているだけです。

 

その代わり生地には、とろろをたっぷり

混ぜ込んであります。

 

サックリ、ふんわりと口溶けのよい生地が、

青ねぎの風味を一層引き立ててくれます。

 

 

作り方は簡単☆

 

きざんだキャベツに、あげ玉、きざみ生姜を

入れたボールの中へ、お好み焼の生地を流し込み、

さらに、とろろをたっぷり加えます。

 

あっ!そうそう。

 

とろろは冷凍のパックされているものを

使っていただいても結構ですよ。

その方が、手間が掛かりませんからね。

 

そのほか、お好みで玉子をひとつ加えてください。

 

それをサクサク混ぜ合わせたら、鉄板の上で

両面焼いていきます。

 

 

さぁ、焼けましたか?

 

焼けたら、ソースを塗って、マヨネーズもお好みでどうぞ。

 

 

さぁて、ここからですョ。

 

と言っても、別段、手の込んだコトをする

わけじゃありません。

 

きざんでおいた青ねぎを・・・

 

いいですか?ここがポイントですョ。

 

青ねぎを、ワシ掴みしてトッピングしてください。

 

そう!ワシ掴みです。

手で、ぐゎしっ!と青ねぎを掴んで、

思いっきりトッピングしましょう。

 

 

ところで、今回の主役、青ねぎですが、

有名なのは京都の九条ねぎ。

そして香川でも讃岐うどんの薬味として

利用されるので、よく栽培されています。

年間通して手に入りますが、3月に種蒔を

したものが、ちょうど今月から収穫されます。

0907NEGI_2.JPG

見た目に清涼感があって、ねぎ好きの人には

オススメの一品です。

 

お好み焼のほか、たこ焼も青ねぎをたっぷり

トッピングして食べるとオイシイよ!

 

にほんブログ村 料理ブログへ

美味しそう!と思ったらぜひ!

人気ブログランキングへ

作ってみようと思ったら、クリックお願いします!

コメント(2)

たっぷり青ネギ美味しそう!
ねぎは「ぐゎしっ!」とですね!!
週末に作ってみま〜す

墨乃さん、コメントありがとう
ございます。
そうです!
ぐゎしっ!とワシ掴みです。
これがまた快感で、クセになる
かも知れませんョ♪