小粋ちゃんBlog

どんぶりと折鶴

2009年8月24日

もんじゃ、お好み焼にどんぶりは付き物!

0908donburi_1.JPG

ウチでも100個以上のどんぶりを常備していますが、

使っているうちに、フチが欠けてしまったり、

時には割ってしまったり・・・。

 

 

そんなわけで、今回は、

 

    どんぶりを新調しよう!!

 

と言うことで、お父さんといっしょに、

どんぶりを仕入れに出掛けてきました。

 

0908donburi_2.JPG

それにしても、いろいろな柄、形の

どんぶりが並んでいますね。

 

0908donburi_3.JPG

    やっぱり、色目は青が無難だな。

 

と言いながら、お父さんは手に取って、

柄や大きさ、持ち具合を確かめています。

 

 

    あら?

    自分でお好みの絵柄を

    描くこともできるんだ!?

0908donburi_4.JPG

売場の一角には無地のどんぶり、皿などに

筆を使って、自分で絵柄をつけるコーナーが

あったので覗いてみました。

 

    いいな!Myどんぶり・・・

    わたしも作ってみようかな。

 

 

    やめとけ、やめとけ!

    見本のように、きれいな絵柄が

    描けるまでに、何年掛かると

    思ってるんだ。

 

と、お父さんに言われ、

心残りではありましたが、断念。

 

 

    あら?

    折鶴・・・?

 

0908donburi_5.JPG

 

別のコーナーに飾られている折鶴に目が留まり、

思わずわたしは、

 

    わあぁ☆

 

声を上げてしまいました。

 

折紙の鶴ではなく、すべて陶磁の鶴です。

翼のところに、何だか四字熟語のような字が

書かれています。

0908donburi_6.JPG

 

しばらくの間、わたしは幻想的な雰囲気に浸り、

陶磁の鶴に見入っていました。

 

 

    おい、小粋。

    帰るぞ。

 

お父さんに声を掛けられるまで、わたしは、

この鶴が翼を羽ばたかせて、本当に空を

飛んでいくような夢を見ていたようです。

0908donburi_7.JPG

さて、どんぶりは、迷ったものの結局、

白地に紺の柄と、朱色の柄の2種類を

仕入れて帰途に着くことになりました。

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

なるほど!と思ったら、クリックお願いします!