浅草もんじゃ焼がリニューアルしたよ!

小粋ちゃん壁紙配信中!




TOP > もんじゃ焼マニアックス > もんじゃレシピ > おすぎもんじゃせんべい

もんじゃ名店レシピ
あなたも名店の味にトライ!
浅草の人気もんじゃ店がオススメもんじゃを紹介してくださいます。
浅草の老舗「雷もんじゃ おすぎ」の女将さんに、風味バツグンの桜えび&ねぎもんじゃ『もんじゃせんべい』をつくっていただきましたっ!
さらに!、お店の紹介ページに掲載してあるクーポン券のサービスメニュー「フルーツ巻」もご紹介。

今回は、かなり“技”が必要なメニューだけど、あなたも名店の味にレッツチャレンジ!



おすぎのもんじゃ煎餅
今日の師範おすぎの女将さん 雷もんじゃ おすぎ
女将さん
お店情報
うちのもんじゃの具は魚介類がメイン。
肉類は脂肪分が多くて、パリッとした「せんべい」が出来にくいのよ。
浅草のもんじゃってのはさ、場所柄、花柳界から生まれた「おつまみ」なの。だから、「おやつ」じゃなくお酒によく合うもんじゃ。他とはひと味違うわよ。

もんじゃ写真 参考材料
  • 桜えび(たっぷり入れる)
  • きざみねぎ
  • あげ玉

    (その他は基本の材料で!)

作り方
一 作り方1 二 作り方2
油は、薄めに引いて、具を手早く炒めます。(油が多いとおこげになりづらい)

土手をつくって、生地を注ぎます・・・ここまではいつも通りのつくり方。

三 作り方3 四 作り方4
ここからが腕の見せどころ。
具をまとめて、生地を鉄板にうすく広げていきます
ここは「瞬間芸」ですよ!

まとめた具は鉄板の両ふちに分けて、少々待ちます。
まもなく生地がパリッとしてきます。
五 作り方5
乾いた生地の端をヘラでちょっとはがしたら、後は素手でめくり取ります。

六 作り方6
はがす時は豪快にっ!!
七 出来上がり 出来上がり

ホラ、見て見て!
女将さんにこんな大きなせんべいをつくってもらっちゃった。
えびの香りと風味が最高です。
サクッとして、口に入れるとフワ〜ッと溶けて・・・クセになっちゃう味です。





フルーツ巻きのご紹介
フルーツ巻はメニューには載っていない、「おすぎ」のお馴染み客に人気のデザートです。
ブルーベリー、プルーン、あんず、いちご、柿、リンゴなど季節ごとにタネが変わり、これを目当てに来られるお客様も多いそうです。
フルーツの果肉とそれをジャム状にしたものを、ほんのり甘い生地に巻いて焼き上げたフルーツ巻はとてもナチュラルな味わいが魅力です!
ちなみに材料がない場合や、お店が混雑している時には、フルーツ巻は出来ないそうなので、あらかじめご了承下さい。

作り方
今回のフルーツ巻はネクタリンでつくっていただきました。
一 作り方1 二 作り方2
新鮮なネクタリンの果肉と、ジャム。
ジャムは素材の香りと味を活かすため、砂糖は使いません。自然の甘さ!

生地を鉄板で焼きます。
薄く四角に形づくってください。
三 作り方3 四 作り方4
生地の表面がしっとりしてきたら、果肉とジャムをのせます。

生地が焦げないうちに、端からクルクルと巻いていきます。
五 作り方5 出来上がり
食べる時は中身が落ちないように水平に持って食べてくださいね。
フルーツ本来の香りと味わいがさわやかに広がります。



その他のオススメメニュー
五目もんじゃ 五目もんじゃ
あさり(冬期は牡蠣になります)・ほたて・小柱・生いか・たこがタ〜ップリ入った海鮮もんじゃです。
あっさり風味で具とダシの旨味を引き出した粋な味わい。
もちろん、おせんべいを作っても美味しいんだな、これがっ!

家で作る前に、本物をお店で食べてみる??
もんじゃのお店 <おすぎのお店情報はこちら>



ページ直リンク大歓迎!
もんじゃの小粋ちゃん もんじゃ焼を世の中に広めたい、もんじゃ焼が好き!と言う方、バンバンリンクしてください!
※画像・Flashコンテンツなどへの直リンクはご遠慮ください。

※リンクの際、こちらのバナーをお使いください。
もんじゃ大バナー もんじゃ小バナー