初心者のためのもんじゃ体験記 その3

章吾のもんじゃ体験記
前回までのあらすじ
店長の救いの手により、もんじゃを焼き上げる事に成功した章吾。
彼女への面目が立たぬまま、早速食べる事に。

トホホ〜
カンパーイ
結局お店の人まかせ・・
アナタってそういう人よね。

そう言うなよお。

ま、とりあえず、いただきまーす。
いただきまーす。
はがしとる・・・の図
ウマー
はがしを使うのも初めてなんで、ちょっとぎこちないけれど・・・!
ア〜ン、うん、おいしい!具の旨味がよく出ていて、トロリとした生地がたまんないぞぉ!
パリパリのとこがおこげ
もんじゃにラムネ
今度はおこげを食べてみよっと!
ウッヒョ〜、こっちもパリッとしていて、香ばしい!ラムネによく合うなぁ。

もんじゃにラムネ。意外と合うんです。
大人だったら、やっぱりビール!
せんべい
おいしいねぇ〜
こうして、鉄板の上でカリカリになった生地も香ばしくておいしいな〜!

カリカリになった部分も"もんじゃせんべい"といって美味しく食べられます。


おいしいね。もんじゃ初心者の章吾には、この味は無理かもね〜
このおこげ、せんべいって言うの?へぇ〜、そっかー。

彼女の機嫌も直って(?)ひとあんしん。
もんじゃ食べて大満足
ごちそうさまでした。


章吾ビクトリーひとこと
初めてなんで、ちょっとアセッたりしたけれど・・・お店の人のおかげでおいしいもんじゃが食べられた。今度は全部自力で作って、彼女を見返してやるっ!

今 回お邪魔した「紙ふうせん」もそうですが、浅草のお店は、親切に教えてくれますので、初めての方は無理せず「焼いてくださいっ!」とお願いするのが、美味 しいもんじゃを食べる秘けつです。頼む時は元気よく、江戸っ子のパワーに負けないように頼むのも、肝心!?かもしれません。


ということで、今度のお休みにはぜひ浅草でもんじゃはいかがでしょう?