浅草もんじゃ焼がリニューアルしたよ!

小粋ちゃん壁紙配信中!




TOP > もんじゃ焼マニアックス > 小粋ちゃんの技ありレシピ/焼そばを極める

小粋ちゃんの技ありレシピ

たかが焼きそば…って思うかもしれないけど ほんのちょっとコツを覚えるだけで、
見違える食感に大変身だよ!

1.材料の準備
焼そば材料
《1人前》

焼そば‥‥‥‥1玉(30〜150g)
豚バラ肉‥‥‥‥‥‥‥‥‥25g
キャベツ‥‥‥‥‥‥‥‥‥80g
かつお節‥‥‥‥‥‥‥‥‥少々
ピーマン‥‥‥‥‥‥‥‥‥10g
刻みのり‥‥‥‥‥‥‥‥‥少々
にんじん‥‥‥‥‥‥‥‥‥20g
だし汁‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥10cc
ネギの輪切り‥‥‥‥‥‥‥10g
ソース‥‥‥‥‥‥20cc〜30cc
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥1個
刻み紅生姜‥‥‥‥‥‥‥‥少々


焼そばの麺は“クチナシ色素”が付いている物と“ウコン色素”が付いている物と“まったく付いてない”物とがある。 見た目は色素の付いている物の方がいいけど、味は変わらないから好みに応じて使うといいよ。
焼そばの「そば」は、指で潰して“ネチャッ”と潰れる物より“プチッ”と切れる物の方が食感がよいので覚えておくといいよ。 キャベツの切り方はお好み焼と同じでOK、ただしお好み焼より荒めに刻むのがポイント!
2.早速作ってみよう
鉄板の温度を200℃にして、油を少々にて豚バラ肉を焼きはじめる。肉の色が多少変わってきたら、にんじんを入れ肉と一緒に軽く炒めて塩、こしょうを少々ふる。
(にんじんは他の野菜よりも固いので、先に炒める事で、仕上がりが均等になるよ)
肉と人参を炒めて、塩こしょう
3.焼そばはスピードが肝心
焼そばの麺を炒めた肉・にんじんの上に乗せ、だし汁をかけて麺をほぐす。
(だし汁をかけることで麺の油をとり、ソースを馴染ませることができるよ)

だし汁で麺の油をとるのじゃ
ある程度ほぐしたところで、キャベツをいれる。そして、フライ返しで空気を入れるように混ぜよう。 ふわ〜っと優しく、それでいてスピーディーに炒めるのがポイント!
空気を入れるように炒めるのじゃ
軽く炒めたところで、一度ソースを麺とキャベツに染み込む程度かける。さらにフライ返しでふわ〜っと軽く混ぜてね。
そして仕上げのソースをかけ、空気を入れるように混ぜればOK!
ソースを二回に分けながらいれます
4.デコレーション、そして完成へ
卵を別のところで焼いておこう。できればフタをして蒸して、半熟に仕上げよう。
後は、焼そば、卵を皿に盛り付け、紅生姜、かつお節、きざみのりを乗せて出来上がり!
卵をのせてできあがり
まとめ
  〜小粋ちゃんからのアドバイス〜/一、スピードが大切!一、空気を入れるように炒める事で軽い食感に!一、焼そばも基本は「愛」と「情熱」
これでおいしく出来るはず。がんばってね。
ページ直リンク大歓迎!
もんじゃの小粋ちゃん もんじゃ焼を世の中に広めたい、もんじゃ焼が好き!と言う方、バンバンリンクしてください!
※画像・Flashコンテンツなどへの直リンクはご遠慮ください。

※リンクの際、こちらのバナーをお使いください。
もんじゃ大バナー もんじゃ小バナー