たこ焼の焼き方

たこ焼を作る時に一番難しいのは"焼く"事だよね?
だけど、まずは作ってみる!たくさん作れば自然にうまく作れるようになるよ!
Get Quick Time 今回は、分かりやすさを重視して一部にムービーを使用しているよ。
正しく再生されないようだったら、左のアプリケーションをインストールしてみてね。
1.生地を作る
生地を作るコツは材料を入れる順番だ。
水に卵を入れ、泡立器を使ってしっかり泡立てる。そこに粉を入れ軽く混ぜ合わせる
(粉は、混ぜ過ぎるとグルテンが老化してベッチョリした仕上がりになってしまう)
水→卵→粉
この順番が美味しさの秘けつだよ!




2.タコに下味をつける
タコに下味をつける
特に下味をつけなくともOKだけど、ボールにタコとかつお削りを混ぜ、そこに、醤油を入れて手でもみ込んで下味をつけることで、さらに風味豊かなたこ焼に仕上がる。
面倒くさがらずにやるとワンランクアップするよ!


3.鉄板を温め、油を引く
鉄板を温め、油を引く
鉄板が均等に温まるまで待ってから油をひく。
油は生地を入れる直前に穴の底に少したまるくらい、やや多めにひくのがポイント。(これにより、たこ焼の表面がカリッと仕上がり、生地が穴にくっつきにくくなるよ)


4.生地を流し込み具材をのせる
生地を穴の半分位まで入れ、具材を入れていくよ。 入れる順番は、タコ・天かす・キャベツの順だ(好みでここでネギをいれてもよい)。 具はケチらずに豪快にいれよう、写真の様に山盛りになっても大丈夫。
具を全部のせ終えたら、上からまた生地をかける。 生地は鉄板の面全体に広げるまでバーっと注ごう (写真参照)。
ヴァー!


5.隠し味
隠し味
好みにより、醤油をたらすと味わい深くなるよ。こってりが好きな人は、この時、マヨネ−ズをかけるといいよ。 (マヨネーズをかけておくと、マヨネーズ中の酢成分が飛ぶので、意外とふんわり美味しく焼ける...という説もあるんだよ)


6.たこ焼の真骨頂!
ふちがかわいてきたら、キリまたは竹ぐしで、生地のふちどりをする。これをすることで、ひっくり返す時にグンと楽になるよ。
拡大すると
こんな感じだ
ひっくり返すコツは、キリを穴のふちに沿わせて、穴の底から上へヒョイッと上げるようにすること。
ぐずぐずしていると、形が崩れやすくなるからリズムよくいこう。
一度、まわすことができれば後は簡単にひっくり返すことができるはずだよ。ムービーをみてよく研究してみてね。
技:MOVIE
高画質MPEG4形式(2.0M)
低画質MPEG4形式(728KB)


7.焼きの仕上げ
焼きの仕上げ
香ばしい焼色が生地全体につくように、何度か回しながら焼きあげていく(あまり頻繁に回転させると焼き色がきれいにつかないので注意!)。
その際に、生地がはみ出して丸くなっていない部分を、たこ焼鉄板の底へ回すようにして、最終的にキレイな球形になるように焼いていこう。

技:MOVIE
高画質MPEG4形式(2.2M)
低画質MPEG4形式(861KB)


完成
全体的に香ばしい焦げ色がつけば、焼き上がりだよ。
かつお削り・青のりをふりかけて、ソ−スやマヨネ−ズなどお好みの味付で食べよう!
召し上がれ
まとめ
小粋ちゃんからのアドバイス 一、鉄板はよく温めること!一、具は豪快にヴァーっと行きましょう!一、焦らず慌てず「愛」と「情熱」をもって!
これでおいしく出来るはず。がんばってね。
コメント(1)

コメント(1)

すごくわかりやすい作り方解説ですね!1度失敗してくじけてるんですが、なんだか出来そうな気がしてきました!